WordPressで「下書き保存」が急にできなくなるのはDDoS攻撃の影響か?

パソコンにパンチ

WordPressで記事を作成して行く時には「下書き保存」を頻繁に行いますよね?しかしこの間、急にこの下書き保存ができなくなってしまいました。

こんな体験は初めてだったのでかなり動揺したのですがどうやらDDoS攻撃といって外部からのサイト攻撃が原因だったようです。

今回はこの攻撃によって起きたサイトへの影響とその後の対処方法を解説しています。ちなみにレンタルサーバーはエックスサーバーを利用していました。

急に下書き保存ができなくなった

ブログ記事を書き始めて一発目の下書き保存をしようとしたときのことです。

あれ? 下書き保存ができていない!?

またWi-Fiの電波の調子が悪いのかと思ってしばらくの間、回復するのを待っていましたが一向に回復する気配がないのでいつもと様子が違うなーと思っていました。

クルクル回りっぱなし!

下書き保存

「下書きとして保存」をクリックしても画像のようにクルクル回りっぱなしになっていて保存ができない状態がいつまでも続いているんですよ。待っても待っても回ることをやめてくれません。

ログインとログアウトができない!

このまま待っていても埒(らち)が明かないし仕方がないので強制的にログアウトしようと思ったのですがログアウトボタンも押せずログアウトもできない状態が続きます。

ログアウト

ログアウトしても画像のようにクルクル回りっぱなしでログアウトもできない。これってどうすればいいのって感じで動揺しまくりです。 もうしょうがないのでPCの再起動をしてみようと心に決めて再起動に踏み切りました。

再起動はいいけど途中まで書いた記事は全て消えるだろうなと初心者の私でもなんとなくは察しはつきました。

そうだ!とりあえずコピーしとこう!

注意
強制的にログアウトや再起動をする前には事前に記事をコピーしておくことです。とりあえずコピー場所はテキストエディタやメモ帳でもどこでもいいのでまずはコピーしときましょうね。

再起動後もアクセスできない

再起動後PCから自分のサイトへアクセスしてみたがアクセスはできませんでした。

このサイトにアクセスできません

ブラウザ(Google Chrome)から何回アクセスしてみても「このサイトにアクセスできません」と表示されてしまいます。

私はちょっとしたパニックを起こしていて正常な判断ができずにパソコンが壊れたのだと思いこんでいました。

しかし、時間の経過とともにパソコンではなくサーバー側の問題じゃないの?と思い始めます。←気付くの遅いですよね?

ここで初めてエックスサーバーに問い合わせてみようと考えてます。

補足
本来ならばサーバーにお問い合わせをする前にサーバー側からDDoS攻撃などのアクセス障害が起こっていないか確認するのが普通の対処方法です。

サーバーに問い合わせてみた!

とりあえずエックスサーバーのトップページに行きカスタマーサポートの受付時間を調べてみると平日の10時から18時でした。この日はあいにく日曜日でメールのみ受付が可能だったのでメールで状況を説明することにしました。

問い合わせ

すると画像のように「お問い合わせを受け付けました」というメールが届きました。

それから約1時間後・・・

DDoS攻撃

「DDoS攻撃によるアクセス障害について・・・現在、復旧作業を進めている」といったメールが送られてきました。何も分からないわたしは、DDoS攻撃って何?どうすればいいの?このまましばらく待っていればいいの?という感じでした。

しばらくたってからトップページにアクセスしてみた結果・・・

これっていつ直るのだろう?と不安な気持ちではありましたが、どうにもすることができないのでしばらくほったらかし状態にしていました。

そして数時間後にブログのトップページにアクセスしてみるとなんとアクセスすることができたではありませんか。直ったの!?

補足
他のサイトにアクセスできるのに自身のサイトにアクセスできない場合にはまずサーバー側からアクセス障害がないかを確認しましょう。繋がるのがいつもより凄く遅かったり、下書き保存ができないといった場合にはとりあえずコピーですよ!

ちなみにこの攻撃には2種類あるようです。

DDoS攻撃とは?

複数のネットワークから特定のサーバーに対して大量のデータを送り付けネットワークやサーバーの停止を狙う攻撃手法

要するにハッカーに侵入された複数のコンピューターから一斉にウェブサイトにアクセス(攻撃)をしてくるためサーバーがその負荷に耐えられずダウンする。

またこのDDoS攻撃は、多数のコンピューターから一斉に攻撃をしてくるために攻撃元を特定するのが非常に難しい。

DoS攻撃とは?

DoS攻撃は、多数のコンピューターから一斉に攻撃してくるDDoS攻撃とは違い、1つのコンピューターから直接対象のウェブサイトを攻撃してくるものです。

そのためIPアドレスが特定しやすくIPのアクセス制限をかけるなどの対策を取ることが可能です。

サーバー側でアクセス障害が出ているか確認する方法

エックスサーバーのトップページに行き「障害・メンテナンス情報」を確認してみる。

障害とメンテナンス情報

エックスサーバーのトップページ>サポート>障害・メンテナンス情報をクリックします。

すると「本日am11:54頃~本日pm2:59分までDDoS攻撃によるアクセス障害が発生しておりました。」と表示されているではありませんか。

結局アクセス障害が起きてから復旧するまでに約3時間掛かっています。ちなみにサーバー番号が分からない場合には、サーバーパネルにログインしてもらうと左上のアカウントデータにsv〇〇〇〇と表示されていますよ。

サーバー障害
注意
結局DDoSやDoS攻撃を食らった場合には復旧作業が終わるまでしばらく待っている以外に方法はないようです。DoS・DDoS攻撃からサーバーやサイトを完全に守ることは困難なために日頃のバックアップは必須となります。あとなるべくDropboxなどの外部にバックアップしておくことをお勧めします。

WordPressのバックアップ方法はこちらの記事に書きましたので参考にしてみてください。

サイトへのアクセスが極端に遅い場合や繋がらない場合には、DDoS攻撃を受けている可能性があるのでレンタルサーバー側でアクセス障害が発生していないか確認してみましょう。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください