FTPソフトを使ってWordPressのバックアップを取る方法

卓上でパソコンを打つ人

ワードプレスのバックアップ方法には2つあります。一つはプラグインを使う、もう一つはFTPソフトでバックアップするです。

どちらでもバックアップできるので取りやすい方でバックアップしてもらえばいいのですが、できれば2つを併用して使うのが一番効率的かなと思います。

FTPソフトを使うメリットといえば、例えば、カスタマイズ前にそのファイルを個別にバックアップできるので、記述ミスによりアップロード時に画面が真っ白になっても一瞬で復元、解決させられることです。

この方法はカスタマイズ時にとても便利で役に立つバックアップ方法ですので、是非覚えてサイト運営に活用してみてください!

バックアップに必要な転送用ソフトFTP

まずは、転送用ソフトを用意しなければいけませんが、ここでは無料で使えるFileZilla(ファイルジラ)をオススメしています。

このソフトを使えば、サーバーへファイルをアップロードしたり、自身のPCにダウンロード(バックアップ)したりすることができるようになるので、この機会にインストールして接続できるようにしておきましょう。

ファイルのやり取り

ファイルジラのインストール方法がよく分からないという人はこちらをご覧ください。

FTPバックアップの主な目的

そもそも論になりますが、なぜバックアップをするのかというと以下のようなことがいえます。

  1. サイト全体を復元させるため
  2. カスタマイズ前の状態に戻すため
  3. ワードプレスの更新前の状態に戻すため
  4. プラグインの更新前の状態に戻すため

① 例えば、レンタルサーバー側に重大なトラブルが起こり、あなたのサイトのデータが全て消失してしまった…となっては困りますよね?そんなときに必要なのがサイト全体のバックアップファイルになります。

② カスタマイズ前に個別ファイルをバックアップしておけば、記述ミスで画面真っ白になってもあっという間に元通りにすることができます。

③ ワードプレスの更新(バージョンアップ)時に稀に不具合を起こす可能性があるためにバックアップは必要になります。

④ プラグイン更新時に稀に不具合を起こす可能性があるためにバックアップは必要になります。

補足
私の場合幸いなことに③ ④で不具合が起きたことはありませんが、もしものためにバックアップは必須です。

サイトを復元するために必要なファイル

サイトを復元させるためには、以下の4つのフォルダ(ファイル)をバックアップしておく必要があります。

この4つのファイルはサイトを復元させるために絶対に必要になり、これらのファイルが揃っていればほぼ完全に復元させることができます。

  • plugins(プラグイン)
  • themes(テーマ)
  • uploads(画像)
  • データベース

まずは、下図をご覧ください。

下図はファイルジラに接続した状態でワードプレスのフォルダを見たものです。

まず上部にmomonoisho.comとありますね。←コレ私のドメイン、サイトです。

その下層を見てもらうと、public_html、その下の矢印のところにwp_contentとありますね?

このwp_contentの中に復元するために必要な重要なフォルダがあります。

補足
記事などの情報はデータベース(MySQL)といったところにあり画像などのサーバーデータとは保存場所が異なります。
wp_content

さらに細かく見るには、wp_contentの左側にある白黒の箱をクリックしてみましょう。するとバックアップするフォルダ、plugins(プラグイン)themes(テーマ)uploads(画像)のフォルダがありますよね?

wp_content-02
補足
バックアップするフォルダ、plugins、themes、uploads はwp_contentの中にあります。

3つのフォルダの中身とその容量

この3つのフォルダの中身にはどんなものが入っていて、その容量はどれくらいのものなのか?など、ざっくりと解説しておこうかなと思います。

ファイルの重さ

themes(テーマ)フォルダの中には使用中のテーマ、インストール済みのテーマなどが入っています。容量自体はそこまで重くないはず。おおよそ数メガバイトから数十メガバイトといったところでしょうね。

plugins(プラグイン)フォルダにはワードプレスにインストールしてあるプラグインがすべて入っています。使用している数が多いほど容量も重くなっているはず。プラグインはつい入れすぎてしまいがちですが、なるべく10から15個くらいに抑えておくといいと思います。

uploadsフォルダの中には投稿記事の画像やテーマごとに作られている画像、ワードプレスのデフォルトで作られる画像などが入っています。

ちなみに、アップロードする画像はしっかりと最適化を行って、Googleからの評価を下げないことが大切です。

データベース(MySQL)

もう一度まとめてみると、ワードプレスサイトを復元させるために必要なバックアップファイルはというと…

  • plugin(プラグイン)
  • themes(テーマ)
  • uploads(画像)
  • データベース

サーバー内のフォルダ3つとデータベースです。このデータベースだけは保存されている場所が違うので、別にバックアップを取らなければいけません。

データベース

このデータベースの中には、主に文字などのテキスト(投稿ページ(文章)、固定ページ(文章)、日付け、更新日、パスワード)などの情報が入っています。

データベースにある情報はサーバー内の画像データなどとは違い、非常に軽いです。例えば今現在、1ページに約3000から4000文字の記事を30記事ほど投稿していますが、サーバ内データ容量が80メガバイトに対してデータベース容量は僅か500キロバイトくらいしかありません。テキストがいかに軽いかが分かるはずです。

データベースのバックアップ

ワードプレスのテキストデータが保管されている場所は、MySQLというデータベースです。このMySQLにアクセスするには、「php My Admin」にログインする必要があります。

データをPCにバックアップするにはエクスポート(書き出し)を行います。

今回はエックスサーバーのサーバーパネルからアクセスしてみたいと思います。まずは、赤線で囲ったphpmyadmin(MySQL5.7)をクリックします。

インフォパネル

ログイン画面が表示されますので、ユーザー名とパスワードを入力します。

「ユーザー名とパスワードを忘れてしまって分かりません!」という人はこの後に説明してます。

ログイン画面

wp-config.phpからユーザー名とパスワードを確認

もしも、ユーザー名とパスワードを忘れてしまったという人は、「wp-config.php」のファイルを開くと確認することができます。詳しくは後述している個別ファイルのバックアップ方法を参考にしてみてください。

configをダウンロード

ダウンロードしたwp-config.phpファイルをメモ帳で開いて見ると、下図のようにMySQLデータが記述されていますので、こちらをログイン画面に入力すればOKです。

ユーザー名とパスワード

※入力項目はデータベースのユーザー名とデータベースのパスワードになります。

補足
wp-config.phpの中には重要な個人情報が含まれていますので他人に見られないように気を付けてください。また、メモ帳で開くと意味不明のコードが入力されますのでWindowsならテラパッドなどを使いましょう。

データベース名を選択します。

データベースには13個のテーブルが作られていて、これらのテーブルに投稿ページやユーザー名などの情報が個々にまとめられているのです。

エクスポートをクリックします。

alt=

テーブルをエクスポートするための詳細設定が表示されます。

このときエクスポート方法:簡易 フォーマット:SQL エンコーディングへの変換:なしにチェックが入っていることを確認して実行ボタンを押します。

ファイルがPCにダウンロードされます。

エクスポート詳細設定

ダウンロードファイルは「〇〇〇〇_sql」といった名前でダウンロードされているはずです。このファイルはインポート(復元)のときに必要になりますので、分かるように管理しておくといいと思います。ちなみに、この画面のインポートから「sqlファイル」を選択して復元させることができます。

個別ファイルのバックアップ

FTPソフトを使うとそれぞれのファイルを個別にバックアップすることができますので、その方法をご紹介します。

FTP接続と画面の見方

まずは、ファイルジラを起動します。

まずは、サイトマネージャーを開いて、右側の「参照(B)」からパソコン側の保存場所を決めます。保存場所を選んだら接続をクリックします。

今回は保存場所をDesktopにしていますので、ダウンロードファイルはすべてデスクトップに保存されていきます。

サイトマネージャー

接続の方法が上手くいかないという人はこちらを参考にどうぞ!

ファイルジラのインストール方法と使い方

画面を見てもらうと分かるのですが、ローカルサイトとリモートサイトがありますね。左がパソコン側で右がサーバー側になります。この画面からファイルをアップロードしたりダウンロードしたりできるわけです。

ローカルとリモート画面

themesフォルダのバックアップ

カスタマイズでテーマを触るときにはthemesフォルダをまるっとバックアップしておけばOKです。しかし、インストール済みのテーマもすべて含まれてしまうので、もう少し絞ってバックアップしておけばさらに効率がよくなります。

themesバックアップ

例えば、子テーマを頻繁に触る人であれば(sango-theme-child)だけをダウンロード(バックアップ)しておけばOKですし、さらには子テーマの中にあるstyle.cssだけでいいという人は、style.css(スタイルシート)ファイルだけをダウンロードしておけばいいのです。

触るファイルによってバックアップしておくファイルやフォルダも変わってくるということですね。

実際に子テーマ(sango-theme-child)をローカルサイト(PC側)の空白の箇所へドラッグ&ドロップしてみますね。

パソコン側へダウンロード
注意
ドラッグアンドドロップするときには必ず空白部分へフォルダを移動させましょう。

するとパソコン側(ローカルサイト)に子テーマの「sango-theme-child」がダウンロードされているのが分かりますね。

ダウンロード時間は子テーマということもあり一瞬で完了しましたが、以前にuploadsフォルダをPCにダウンロードしたときには20~30分かかりましたので、運用期間にもよると思いますが、画像ファイルが多いほどダウンロード時間はかかるようです。(パソコン性能も関係あり)。

sango-theme-child

エクスプローラーを開いて見ると設定どおりデスクトップにダウンロードされています。

デスクトップ画面

以上が基本的なバックアップ方法です。

最後に

今回は手動でバックアップする方法を解説してきましたが、正直、何かあるたびにバックアップを取るのは一苦労ですよね?。そんなときに便利なのがBackWPupを使ってワードプレスをバックアップしておく方法です。

指定した時間に自動的にデータベースとサーバー内ファイルをバックアップしてくれるので非常に助かります。このバックアップファイルを事前にローカル(PC)に保存しておけばどんなトラブルにも対応できますので、是非こちらの記事も参考にしてみてください。

一番いい方法はプラグインで定期的にバックアップをして、カスタマイズ前やテーマの更新前、プラグインの更新前などにFTPソフトを使って個別ファイルをバックアップしておくのがいいのではないかと思います。

ワードプレスのバージョンアップのようなサイトに大きな変更が加わるときには必ずやっておきましょうね。それではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください