「BackWPup」でWordPressのバックアップを取る方法

データを取る人

ワードプレスを始めたばかりだと一体バックアップはどうやって取るのだろう?と不安な気持ちになっている方もいるのではないでしょうか?

今回ご紹介するBackWPupはインストールして簡単な設定をするだけで定期的にサイトのバックアップを取ってくれるとても便利なものです。初心者にも安心して使ってっもらえるプラグインなのでぜひ活用してみてください。

それでは早速定期的にバックアップを取る方法を解説していきます。それから手動で取る事もできるのでそちらの方法も参考にしてみてください。

バックアップファイルの重さの違い

バックアップするべきファイルはデータベースとサーバー上にあるデータの2つです。この2つのファイルをバックアップしておけば万が一のときでもサイトの修復は可能です。

実はこのファイル容量にかなりの違いがあります。同じファイルでも重さが全く違います。

この知識はバックアップする上で必要となりますのでまずは、この2つのファイルの違いを覚えておくといいと思います。

  • データベース上のデータ
  • サーバー上のデータ

データベース上のデータ

データベースとはあなたのサイトの情報(軽いデータ)を保管してくれている場所と考えてもらえばいいと思います。

このデータベースに集まる情報は主に容量の軽い情報です。

例えば、あなたが書いた記事内容(文章)やタイトル、カテゴリー、コメントなどテキストとして存在しているものはほとんどデータベースに保管されます。

サーバー上のデータ

サーバー上のデータとはデータベースのように容量の軽いテキストなどではなく容量の重い画像やプラグインなどが主に保管されている場所と考えてもらえばいいと思います。

この2つのデータは別々に保管されていると言った認識でOKです。この両方をこのプラグインを使って定期的にバックアップしていくことになります。

スケジュールで定期的にバックアップを取る方法

定期的にバックアップするためにはスケジュール設定というものを行う必要があり、この設定により自分の環境に合ったバックアップを実行させることが可能になります。今からその設定方法を解説していきますが、その前にBackWPupをインストールする必要があるのでその方法を見ていきましょう。

プラグイン「BackWPup」をインストール

初めにプラグインであるBackWPupをインストールしていきます。

メニュー>プラグイン>新規追加をクリックして有効化をしてください。

ちなみにBackWPupの後にWordPress Backup Pluginと書かれていますが、気にせずインストールしてください。

BackWPup

プラグインのインストール方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。

新規ジョブを追加方法

このジョブという言葉は頻繁に出てきますがそこまで意味はないので気にする必要はありません。
新規ジョブを追加

インストールが完了し、有効化できると左メニューにBackWPupと表示されますので、BackWPupにカーソルを合わせて「新規ジョブを追加」をクリックします。

一般設定、ジョブ名の入力

▼一般設定では初めにジョブの名前の入力します。

適当なもので構いませんので入力しておきましょう。

次に「このジョブは…」ですが、下図のようにデータベースのバックアップ・ファイルのバックアップ・インストール済みプラグイン一覧の3ヶ所にチェックを必ず入れます。

ジョブ名

▼次にバックアップファイルの作成ですが、この箇所は全てデフォルト(初期設定)で構いません。

Archive name

▼アーカイブ形式 (圧縮方式)ですが、WindowsのPCを使っている人は、Zip を選択してください。

Macの人は、Tar GZip を選択しておけばいいと思います。Tar BZip2は、GZip より圧縮時間はかかりますが圧縮率は高いみたいですね。

次にバックアップの保存先になりますが、通常はフォルダーへバックアップで問題ありません。バックアップの変更先が変わった場合には下図の該当箇所へチェックを入れるようにします。

※フォルダーへバックアップにチェックを入れることでサーバーのuploads/フォルダの中へ保存されるようになります。

形式と伝送先

▼ジョブの実行中にエラーが発生し…にチェックを入れます。

チェックを入れておくことで、エラー発生時にメール通知で知らせてくれるようになります。

自動転送メール

変更を保存を忘れずにクリックします。

以上で一般設定は完了です。

スケジュールの設定

▼スケジュール設定です。定期的にバックアップする時間帯などを設定することができます。

cron(クーロン)とは、決められたスケジュールを管理してくれるという意味です。チェックを入れることで設定したスケジュールで実行してくれるようになります。

cronにチェックを入れておくことをお勧めします。

wordpress-cron

▼次に実行時間の設定になります。

実行時間

スケジュール設定は人それぞれ個人差があるものです。

下で述べていることはあくまでも目安になります。参考程度にお願いします。

  • 1週間に2~3記事の更新⇒毎週のバックアップ
  • 1ヶ月に2~3記事の更新⇒毎月のバックアップ

例えば、1週間に2~3記事の更新の時には週ごとのバックアップ、また、1ヶ月に2~3記事といった更新頻度が少ない時には月ごとにバックアップしておけばいいのではないでしょうか?

できれば記事や画像を更新するたびにバックアップするのが理想ですが、サーバー側にできるだけ負担をかけたくない方もいると思うので最終的には個人の判断ということになります。

バックアップの時間帯は深夜

スケジュールですが、ここでは毎週火曜日の深夜3時に設定しています。

バックアップの時間帯は、平均的にみてアクセス数の少ない深夜3時から明け方に設定しておくのがいいでしょう。

データベースのバックアップ設定

▼次はデータベースのバックアップになります。

「バックアップするテーブル」の項目13ヶ所にすべてチェックを入れます。バックアップファイル名はデフォルトのままとし、圧縮方法は「GZip」にチェックを入れます。

DBバックアップ

ファイルの設定

▼ファイルの設定に関しては基本的にデフォルトのままでOKですが、テーマのバックアップの項目欄に使っていないテーマがある場合にはチェックを入れて除外しておくといいと思います。

ファイル

▼使っていないテーマにはチェックを入れます。

除外

▼下までスクロールして変更を保存をクリックします。

※説明で触れていないところはデフォルトのままで大丈夫です。

プラグインの設定

▼プラグイン一覧のファイルはデフォルトのままOKです。ファイルの圧縮に関しても軽いファイルのために圧縮「なし」にチェックでOK。

プラグイン

変更を保存を忘れずにクリックします。

宛先:フォルダー名

▼サーバーにバックアップデータを保存するためのフォルダーを作ります。

まず、名前を付けます。

宛先のフォルダー

サーバーで見たときに分かりやすい名前を付けるようにします。例えば、フォルダ名に「backup」とつけておきバックアップファイルの格納場所がすぐ分かるようにしておくとベストです。

uploads/backup/

次に「フォルダ内に保持するファイル数」の設定です。

フォルダにいくつのバックアップファイルを保存しておくかということです。

私の場合は保存数を10にしています。保持数を10にしておくことで約2ヶ月分のバックアップファイルをサーバーに保存しておくことができます。

このファイルは古いものから順に削除されていき、保持数を常に10に保ってくれています。

変更を保存を忘れずにクリックします。

以上で定期的にバックアップする方法の解説は終わりです。自分の環境に合わせた設定をお勧めします。

サーバー側の故障やパソコンの故障によりデータが消失することも考え、バックアップファイルはクラウドやハードディスクに保存しておくのがより安全な方法と言えます。

手動でバックアップ

時と場合によっては手動でバックアップを取りたいときもあると思いますので、手動でバックアップを取る方法も解説しておきます。

バックアップしたファイルの確認方法も参考になさってください。

ジョブをクリック

ワードプレスを使っていると作業前に事前にバックアップが必要になることがあります。

例えば、ワードプレスのバージョンアップ時、プラグインの更新前、テーマの更新時などは必要だと思います。

そのようなときのために手動バックアップ方法を覚えておきましょう。

ジョブ

ジョブをクリックすると下図のように今すぐ実行というリンクがあるのでクリックします。

今すぐ実行の横に今設定してきたDBバックアップ、ファイル、プラグインが明記されているか確認しておくようにしましょう。もしも、この3つが表示されていない場合、正常に設定が済んでいない可能性があります。

「今すぐ実行」にカーソルを合わせてをクリックしてみましょう。

全体のファイル

「今すぐ実行」から最新のファイルを手動でバックアップすることができます。このバックアップしたファイルをPCにダウンロードしていく流れになります。

ダウンロードが開始され、下の画像のように100%ジョブ完了と表示されたらサーバーへのバックアップは完了しています。

ジョブ完了

サーバーのuploadフォルダにバックアップされたファイルを自分のパソコンにダウンロードします。

こちらも以下の方法で簡単にできます。

バックアップをクリック

バックアップをクリックします。

バックアップ

▼アーカイブを管理している画面に移動するので、最新のファイルの上にカーソルを合わせてダウンロードをクリックします。

パソコンへのダウンロードが開始されます。

ダウンロード

ダウンロードファイルの確認

ZIPファイルをダブルクリックしてみてください。

サーバー上の大事なデータがしっかりとダウンロードされていると思います。復元するために必要なデータです。

バックアップファイルは正常に保存されました。しかし、パソコンに保存されていてもそのパソコン自体が急に壊れることもありますよね。

ということで念の為にバックアップは外部にも保存しておくのがベストです。

バックアップファイル

まとめ

BackWPupでワードプレスのバックアップを取る方法を解説してきましたが、初心者の方でも簡単にバックアップできることが分かって頂けたのではないでしょうか?

カスタマイズ時にも便利なFTPソフトを使ったバックアップ方法も覚えておくと非常に便利なので、さらなるステップアップを目指している方は是非こちらの記事も参考になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください