キャプチャ画像から一連の流れで編集→保存が可能なScreenpresso

screenpresso

スクリーンショットした画像を記事に挿入するときには注釈を入れて分かりやすさを求めることも多いのではないでしょうか?

画像を使うたびに矢印や文字を入れるのはけっこう面倒な作業です。でもこのツールを使うとすごく効率よく作業することが可能です。

なぜなら、キャプチャした画像の加工から保存までを一連の流れで出来てしまうからです。ほんと便利なのでぜひ活用してみてね。

キャプチャから保存までこのツールひとつで叶う!

キャプチャ画像を加工したり編集したりするのは、通常だとかなり作業時間を使いますよね?

加工するのに他のソフトを立ち上げたりして面倒ったらありゃしない!

通常だとキャプチャから保存までの工程は以下のような手順を踏んで行っているのではないですか?

  1. キーボードの「prt sc」機能を使ってスクリーンショット
  2. 画像編集ソフトの立ち上げ
  3. PCフォルダから画像の選択
  4. 編集や加工作業
  5. PCフォルダへ画像保存
  6. ワードプレスにアップロード

実に面倒ですよね?

でも今回ご紹介するスクリーンプレッソがあれば、キャプチャ⇒編集、加工⇒保存が一つの流れの中で行えるので、作業時間をめっぽう早くすることができます。

ワークスぺースからキャプチャ画像の選択をして編集、加工、保存という手順で作業を進めることができるために別のソフトを立ち上げる必要もなくなります。

画像ファイルは自動的に作られた「Screenpresso」フォルダに保存されていきます。尚、このフォルダはピクチャーの中に作られます。

PCにインストール

https://www.screenpresso.com

まずは、Screenpressoにアクセスして、ダウンロードしてからインストールしましょう。

同意にチェックを入れて「コンピューターにインストール」をクリックします。

「インストールせずに起動する」でも使うことはできますが、このソフトを起動させるたびにこの画面が表示されることになります。

PCにインストール

起動方法

インストールが終わったらソフトを起動してみましょう。

「windowsマーク」+「prt sc」を同時クリックすると起動させることができますよ。

起動させると下図のようにキャプチャ、編集、共有ができるワークスペースというものが表示されます。

矢印部分(キャプチャ、編集)をクリックすると画像をキャプチャしたり加工したりできるようになります。

ちなみに画像を選択してダブルクリックでも編集モードに切り替えられます。

※ワークスペースとはキャプチャ画像の保存や管理を行っている場所

キャプチャと編集

※「キャプチャ」「編集」隣の白い三角形▽をクリックすると詳細設定が表示されます。

最低限覚えておくショートカットキーは5つ

スクリーンショット機能には、下記のような全画面や指定領域でのキャプチャができるようになっています。

ページの最下部までキャプチャできる機能も備わっているので、意外に重宝します(解説記事を作成するときにとくに便利です)。

また、下記のホットキー(ショートカットキー)を覚えておくとさらに使いやすくなると思います。

最低限覚えておくのはこの5つになります。

  • 指定領域のスクリーンショット「prt sc」
  • 前回指定した領域のスクリーンショット「 shift+prt sc」
  • 全画面のスクリーンショット 「shift+ctrl+alt+prt sc」
  • スクリーンショット起動を遅らせる
  • 自動スクロールを使ってスクリーンショット「Win+shift+prt sc」

指定領域のスクショ

指定領域のスクリーンショット「prt sc」・・・画像を切り取る際にはマウスで起点となる位置を決めてからドラッグして範囲を調整します。

前回指定の領域のスクショ

前回指定した領域のスクリーンショット「 shift+prt sc」・・・字のごとく前回の領域でのキャプチャになります。

全画面のスクショ

全画面のスクリーンショット 「shift+ctrl+alt+prt sc」・・・画面に表示されているすべてがキャプチャされます。

自動スクロールスクショ

自動スクロールを使ってスクリーンショット「Win+shift+prt sc」・・・ページに映り込んでいない部分もスクロールしキャプチャしてくれます。

起動を遅らせる機能

また「スクリーンショットの起動を遅らせる」では機能するまでの時間(5秒から15秒にしたりできる)を自由に変更することができます。

どんな加工ができるの?

ブログでよく使う加工のほとんどはできるといってもいいのではないでしょうか?

例えば、文字を入れたりその色を変えたり、太さや大きさを変えたりすることも当然できます。

どの機能も直感的に操作ができるようになっているので、難しいことは何一つありません。

実際に触ってもらえれば分かると思います。

基本的な加工をいくつか紹介していこうと思います。

囲み線、矢印、番号

ブログでよく見る囲み線、矢印、番号もすぐに入れられます。文字入れも超簡単ですよ!

アルプス山脈

ルーペを使って拡大

面白い機能ですね。画像の一部をルーペで拡大できてしまいます。これは絶対に使ってみたい!

ルーペ

ハイライト加工

下の画像を見てもらうと分かりますが、テキスト部分以外を暗くしているために文字が強調されていますね。

着目してもらいたい部分が一目瞭然ですね!この機能も解説記事で頻繁に使ってみたいです。

ルーペを使って拡大

初期設定

基本的にスクリーンプレッソの設定はそのまま使ってもOKですが、一応どんな機能があるのかざっくりですけど説明します。

一般

画像の保存先は任意で決めることができます。

初期設定ではピクチャーの中に「Screenpresso」フォルダが自動的に作られて保存されるようになっています。

保存先を変更したいときにはここの設定からできます。

一般

スクリーンショット

スクリーンショットの初期設定ではPNGの保存形式になっています。

保存形式は「PNG」「JPG」「GIF」「BMP」「TIF」の中から任意で変更することができます。

保存形式がよく分からないときには、イラストや手書画像はPNG、デジカメ写真全般やグラデーションの強い画像(夕日や朝日など)にはJPGを選択しておけば間違いないでしょう。

今ひとつ分からない方は、こちらをご覧くださいませ。

JPEG、PNG、GIFの特徴

スクリーンショット

共有

OneDriveやDropboxなどのアカウントを作って設定すると、キャプチャ画像を共有させられます。

共有

ホットキー(ショートカットキー)

このホットキーとはショートカットキーのことで、マウスを利用して機能を呼び出すのではなく、キーボードを利用して機能を呼び出せます。

ショートカットキーを使えるようにしておくとさらに作業効率はアップしますので、覚えておいて損はないでしょうね。

ホットキー

上の画像を見てもらうと分かるのですが、ショートカットキーが存在していないものがありますよね?

例えば、「スクリーンショット起動を遅らせる」はショートカットキーがありません。

「Win+S」とありますが、これは私が勝手に変更して入力したものです。「変更する」から簡単に変更できますので必要のある人はやってみてください。

最後に

ブログに使う画像ならこのソフトでも十分に役にたちそうではないですか?

無料画像編集ソフト他にも沢山ありますので、使えそうな機能だけ併用すればうまく活用できそうです。

無料画像編集ソフトのPhoto Scapeもかなり高機能で使いやすいのです。是非チェックしてみてはどうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください